ありのままの自分を大切にしてあげる5つの考え方 | THE RICH

ありのままの自分を大切にしてあげる5つの考え方

ありのままの自分を大切にしてあげる5つの考え方

ありのままの自分になった雪の女王さまをちょっとでもうらやましく思ったあなたは、そろそろ自分を大事にする時期に来ているのかもしれません。長らく続けてきた自分磨きに疲れを感じたら、ありのままの自分を大切にすることに目を向けてみては?



長短なく、ありのままの自分を好きになるには

あなたがありのままの自分を受け入れられない理由はなんですか?理想や向上心を持って自分にダメ出しをすることも時には大切なことですが、一度、あなたという存在を楽しみながらありのままの自分を見守ってみませんか。

①自分が心地よいことをする

まずは、自分に正直になることから始めましょう。強い罪悪感や義務感、人目が邪魔をしてできなかったことも、あえてしてみることがありのままの自分を知る一歩になることもあります。極端に人生が変わることなどは別として、自分が少しでも気持ちいいと感じることができるのなら、何かをさぼったり、だらけたりしてもあえて自分を許してあげましょう。

②自分を他人のように観察してみる

人は身内にはきびしくなりがち。自分に対してはより一層です。それは、ありのままの自分はこんなはずではない、もっとできるはずと、どこかで何かを期待しているから。一度、何も期待せず、赤の他人を見るように自分を観察してみましょう。きっと愛すべきところがあるはず。キライな部分も笑い飛ばせるぐらい客観的に自分を見ることができるようになると、生きることがかなりラクになりますよ。

③短所を長所にいいかえる

最初は無理やりでも構いません。ケチ→やりくり上手、おおざっぱ→おおらか、暗い→ミステリアス、優柔不断→優しい、短気→感情表現が豊か、など。自分の否定しがちな部分を別のコトバで言い換えることによって、ありのままの自分を受け入れるきっかけになります。

④不必要に将来を案じない

ありのままの自分を愛せない、今の自分を変えたいと思う根底には将来への不安が見え隠れしています。このままの自分だとロクな人生を送れない、など根拠のない想像力を膨らましていませんか?ありのままの自分をもっと信頼して、よけいなことは考えずにいきましょう。心配事がそのまま的中する可能性はけっして高くないのですから。

⑤誰かに感謝されたことを思い出す

自分が誰かに必要とされている存在だということを自覚しましょう。どんな小さなことでも、誰かに「ありがとう」と言われたときのことを思い出してみてください。また、あなたがいなくなったときに困ったり哀しんだりする人を思い浮かべてみてください。自分の存在価値を高めることは、ありのままの自分を大切にするための大きな理由になります。


いかがだったでしょうか?

ありのままの自分を大切にしてあげることは、そんなに難しいことではありません。キライな自分を無理やり変えることや、ひた隠しにすることは結果的にひずみとなって返ってくることが多いものです。自分磨きや何らかの負荷を与える前に、すべての自分を受け入れることを始めてみませんか。

↓THE RICHは今何位??

▼コメントしてみる▼