大切な人へ贈る6つの感謝の言葉 | THE RICH

大切な人へ贈る6つの感謝の言葉

大切な人へ贈る6つの感謝の言葉

大切な人の存在は誰にとっても特別なものです。その特別な人に贈る感謝の言葉は演出も何もない、素の心から出た自然な言葉です。感謝の言葉を贈る時、人間はとても素敵な笑顔となっています。心から相手の人にこの上ない感謝の気持ちを込めています。ではどのような感謝の言葉があるのでしょうか?



感謝の言葉を相手に伝えるには

感謝言葉は狙って出せるものではありません。心から相手の人に対して情愛の念や感謝の念があって初めて使えるものです。それではどんな感謝の言葉があるのか、みていきましょう。

①ご苦労様です

いろんな局面で使われる言葉です。挨拶がわりとしても使われますがやはり仕事の局面で使用すると効果のある言葉です。会社や組織の中で共に汗をかき苦労をしてゴールに導いていったからこそ使えるのではないでしょうか?男同士の友情の証ともいえる感謝の言葉です。

②ごちそうさまでした

大切な彼女の家へ初めて呼ばれてご馳走になった時。人は必ずやこの感謝の言葉を使うのではないでしょうか?仕事の関係者から不意に食事をご馳走になったとしたらどうでしょう。「ごちそうさまでした」には大事にしてもらった相手への御恩を心から感謝の念を込めて代弁させてもらった言葉なのです。

③助かります

人は様々な局面で手助けや援助を受ける事があります。自分の力が足りない時、多忙で猫の手も借りたい時、すっと何も言わないで手助けをしてもらえる。困った時なら尚更、人の親切さに心を打たれるはずです。そんな時に使う感謝の言葉でしょう。

④お前で良かった

この言葉は最高の褒め言葉です。それと同時に最高の感謝の言葉でもあります。友人同士の絆の深さや友情に厚い場合もこの言葉が無意識に出るでしょう。感謝の言葉というのは計算して使えるものではありません。本当に感動し清々しい気持ちになれるからこそ思わず口から出るのです。感謝の言葉には一切の演出も演技もありません。

⑤すいません

隣近所同士のお付き合いの中などからよく使われる言葉です。この言葉の前に「いつも」を付け加えれば尚一層感謝の言葉としての意味合いが濃くなってきます。隣近所の隣人や友人もきちんとした大切な人です。その人たちに使う事によって感謝の言葉と変化するのです。

⑥ありがとう

最後に出てくるのは感謝の言葉の王道「ありがとう」です。この言葉ほどどんな局面でもどんな年齢差でも一切関係なく使える言葉はありません。「ありがとう」も「ありがとうございます」でも言われた方は無常の感謝の念を感じるでしょう。今までに出てきた言葉にこの「ありがとう」は恐らく必ずくっつけて使われます。それほどこの言葉は人間界、普遍の感謝の言葉なのです。


いかがだったでしょうか?

我々が使う感謝の言葉というのは案外、少ないのかも知れません。しかし、その一つ一つに確実に相手に対する思いやりや敬愛の念が感じられます。感謝の言葉は決して狙って使えるもではないのです。相手の瞬間の無常の行為に対する感動の表れなのですから。

↓THE RICHは今何位??

▼コメントしてみる▼