めんどくさい人間関係を激変する5つの方法 | THE RICH

めんどくさい人間関係を激変する5つの方法

めんどくさい人間関係を激変する5つの方法

会社の上司が口うるさい、同僚と馬が合わない、批判ばかりする友人にうんざり、そんな人間関係におけるストレスを感じている人は少なくないのではないでしょうか。
今回はそんなめんどくさい人間関係を激変させる方法をご紹介します。めんどくさい人間関係に縛られない人生を送りたくはないですか?



めんどくさい人間関係を変えるのは自己意識!

人間関係でストレスを感じるということは、お互いの価値観の違いから生じます。双方、あるいは片方に価値観を認めて歩み寄る姿勢があれば、めんどくさいと感じる価値観の違いを解消できます

①相手の好きな部分を見つける

めんどくさい相手というのは、相手の嫌な部分ばかりが目に付いて良い所を素直に認める事ができません。まずは自分自身が相手に近づく姿勢を示さないと、相手も心を開いてくれません。なので、最初にめんどくさい相手の好きな部分を見つけてみましょう。
具体的には相手の良いところを10個ずつ紙に書き出していきます。これを繰り返すだけで、あなたの相手への反応が自然に好意的なものに変わり、人間関係そのものが変化します。

②自分自身の欠点であると知る

人間関係において、相手の言動や態度が癇に障るというのは、あなたにも同じ素質があるということです。
これは信じがたい話かもしれませんが真実です。人間は自分に同じ要素が無いと、それを悪いことと感じないので気になりません。
めんどくさいと感じるのは近親憎悪で、あなたも同じ素質を持っていて、それが自分で治せない事を棚に上げているのです。この事実を受け入れて相手に接すると、自分の対応や反応はあきらかに変化します。自分自身の欠点を見つめなおすように相手と接することを心がけてください。

③相手に自分の悩みや夢を話す

人間関係でめんどくさい相手というのは、基本的にお互いの話をしようとはしません。しかし、お互いのことを知らなければ関係を好転させる事は絶対にできません。
なので悩みや夢など、自分から心を開いて話してみるのは効果があります。相手も心を開いて話してくれた以上、無下に扱うことはできません。
素直に自分から心を開けば、めんどくさい相手は良き理解者に変わる可能性もありますので、めんどくさい相手だと思っているなら、その人間関係を変える勇気を持つのもとても大切です。

④嫌われてもいいから逃げる

どうしても合わないと感じるなら逃げるのも手です。相性が悪くて、どうしても合わない人は必ず存在するのです。そこまで深く関係を築く気が無いのならさっさと逃げましょう。
日本だけでも1億以上の人が生きているので、たった一人との人間関係で疲労するくらいなら逃げてしまうのも手なのです。
ただ、逃げる場合は、決して相手の責任にしないでください。向き合わずに逃げたのは自分の選択なので、相手が悪いから逃げたという考え方は絶対にやめましょう。

⑤相手の存在に感謝する

人間関係でめんどくさいと感じる人は、自分が意識している人だと考えることが重要です。本当に興味のない人なら、その人が何かをしたとしても気にならないのです。
意識しているということは、少なからず好感の持てる部分があるので、相手の持っている好感の部分に感謝しましょう。感謝は自分の心を豊かにします。めんどくさい相手との関係も心の豊かさがあれば良好にできます。
ぜひ、毎日その人に感謝することを意識し、可能ならばありがとうと言葉にして伝えてみましょう。


いかがだったでしょうか?

人間関係は生きていくうえで必要不可欠なものです。できれば一緒に笑い合い、高めあえる良好な関係を築きたいものですよね。
だからこそ、めんどくさい人というのは自分に似ていて、似ているからこそ分かりあえる、最高の絆の可能性があることを理解してください。

↓THE RICHは今何位??

▼コメントしてみる▼