知っておきたい緊張したときの汗7つの対策 | THE RICH

知っておきたい緊張したときの汗7つの対策

知っておきたい緊張したときの汗7つの対策

皆さんは人前に出たとき、きっと緊張されるますよね。緊張してしまうと汗が滝のように溢れてきてもう頭の中もパニックという悩みを持った方が多くいらっしゃいます。では、緊張のときの汗はどうしたら良いのでしょうか?



焦らずに済む緊張時の汗対策と予防法

人は皆緊張します。会社の面接、プレゼン、苦手な上司に仕事の報告をするときなど様々な場面で緊張しをかいてしまいます。しかし、それをうまく対処する方法があります。緊張は生きていくうえで付き物ですがうまく対策をすれば心配することはありません。

①緊張でかいてしまう脇汗対策

緊張してかいてしまう汗の代表的なものは[脇汗]です。脇汗は黒い服なら目立ちませんが、淡い色の服や明るい服などを着ていると汗染みが目立って恥ずかしいですよね。しかし緊張してしまったものを急に緊張を沈め汗を抑えることは難しいです。そこで、ここでは汗腺に反応する制汗デオドラント剤を使います。これは塩化アルミニウムを主成分に作られ、これが汗腺に蓋をして汗をしっかり抑えてくれるのです。

②緊張による多汗症は運動で対策

緊張のときの汗対策には意外にも、適度な運動が効果的です。普段の仕事で疲れ休日はだらだらと過ごしてしまいなかなか運動できないという方もいますがこれが間違いです。多汗症の原因でもある乳酸は疲労物質といいます。運動しないでいると次第に乳酸を溜め込み緊張のときに異常に汗をかいてしまうのです。そこで適度な運動でお勧めなのがウォーキングやスイミングなどです。ストレスの解消にもなり緊張していた神経をほぐす効果もあります。ぜひお試しください。

③感謝の気持ちでプラス思考!緊張汗対策

緊張は不安な気持ちの強さが深く関係しています。ではまず、普段の自分を想像してください。仕事中やプライベートで何か嫌なことがあると不平や不満をこぼしていませんか?このような自分であるならばまずは感謝する習慣をつけましょう。一見関係なく思えることですが実は感謝することで緊張のときの汗が軽減できます。普段不平や不満を持つ人は精神不安に陥り緊張の汗をかきやすい人と言えます。そのために感謝する習慣をつけるとマイナス思考がプラス思考に変わり次第に精神が安定し緊張時の不安も軽減できるのです。

④緊張汗対策にサプリメント

緊張による汗には様々な対策法がありますが、サプリメントという手もあります。そのサプリメントには不安やストレスを和らげたり緊張をほぐす効果があります。また神経症にも効くので神経症状でお悩みの方にもお勧めです。これにより緊張も軽減されて汗をかくことがだんだんに改善されていきます。

⑤緊張汗克服には逃げないこと

緊張しなければいけない物事から人は逃げてしまいたいという思考になり、どうしても緊張して汗をかく状況から逃げてしまいます。気持ちは分かりますが、それでは何の解決にもなりません。緊張して汗をかいてしまってもいいじゃないかと思えるぐらいになるよう緊張に対して免疫を作ることが大事でそれが徐々に自信へと変わり、緊張度も汗をかく頻度も少なくなします。

⑥動じない心づくりで緊張汗を防止

緊張すると気が動転してますます汗をかいてしまいますね。それを軽減するためには緊張して汗をかくことに対して動じない心構えが必要です。ではどうしたらいいのかというと、まずは緊張して汗をかいてしまうのは自分だけではないとうことを頭に入れておきましょう。涼しい顔で発表している人も実はすごく汗をかいていることもあります。緊張して汗をかくことはいたって自然な現象だと認識して気持ちを落ち着かせましょう。動じない心づくりが緊張汗防止に繋がります。

⑦緊張をほぐす汗対策は呼吸法

自宅でも会社の休憩中でもできる緊張をほぐす方法です。これにより神経の緊張状態を穏やかにし、汗を軽減させます。まず自分のおへそから指3本程下の位置に左手を添え、その上に右手を添えます。そして目を閉じゆっくり鼻から息を吸います。そして吸いきったら今度は口からゆっくり息を吐きます。慣れてきたら鼻から息を吐くようにするとさらに効果的です。これを毎日行うことで心の平穏の保ち方を体が覚え緊張してもそれ程汗をかかなくなってきます。


いかがだったでしょうか?

緊張による汗は誰もが嫌なことでこんなことになりたくないと嫌悪感を抱いてしまいますが気持ちの持ちようだったり心の訓練。そして時にはサプリメントの力を借りたりなど様々な方法があります。緊張して汗をかいてしまうことは人生でつきものです。これをどう付き合って受け入れていくかにより克服していけることでしょう。

↓THE RICHは今何位??

▼コメントしてみる▼