結婚したくない!と思われないための6か条 | THE RICH

結婚したくない!と思われないための6か条

結婚したくない!と思われないための6か条

結婚願望が強いのに、なぜかチャンスに恵まれないーなどと感じることはありませんか?
ひょっとしたら周囲から結婚したくない人として見られている可能性があります。
その原因は様々ですが、ちょっとしたしぐさや発言が、結婚したくない人にさせているのではないでしょうか?



結婚したくない!と思われないための6か条

自分のしぐさや言葉づかいが、他人からどう見られているかはなかなかわかりにくいものですね。
でも、注意すべきポイントはそんなに多くはないんです。結婚したくない、と思われないための注意を6か条に絞って考えてみましょう。

①笑顔を絶やさない

結婚したくない!と思われないためには、笑顔を絶やさないことです。
笑顔は人をやさしくします。周りの人たちを明るく元気にします。人を幸せにする、とても大きな力を持っているのです。
男性から好感を持たれないわけがありません。心にゆとりを与え、温かく包んでくれるからでしょう。
落ち込んだときなどは無理にでも笑顔を作ると、やがて気分が上向いてきます。
結婚したくない!と思われないためには、鏡をみるたびに「笑顔。そう、大丈夫」と言い聞かせるのです。
「今日は笑顔は無理」という日でも、決して冷たい目線は送らないように。
それは、「私、結婚したくない」と同じメッセージに取られかねないことを覚えておきましょう。

②挨拶をきちんとする

結婚したくない!と思われないためには、挨拶をきちんとすることです。
挨拶は人と人をつなぎ、関係をスムーズにする潤滑油です。お金もかかりません。
こんなに素晴らしいパワーのある挨拶をきちんとできない人に、何ができるでしょう。
周りから「結婚したくない」と思われないようにするためにも挨拶は必須のアイテムです。
挨拶に伴うマナーはいろいろあります。
それはおいおい習得するにせよ、結婚したくない!と思われないためには、とにかく「おはようございます」「ありがとうございます」「お先に失礼します」くらいは言いましょう。
性別も年齢も関係ありません。人としての資質が問われるのです。

③服装・化粧をきちんとする

結婚したくない!と思われないためには、服装・化粧をきちんとすることです。
華美でなくても清潔感あふれる服装を心掛け、ちゃんとしたお化粧をする-。
それは結婚するとか、しないとかに関係なく女性ならだれでも、いつでも、そしてどこでも気を配っていなければならないことでしょう。
ときには手抜きをすることもあるでしょう、忘れることもあるかもしれません。
でも結婚したくない!と思われないために、TPOに合わせて最小限の化粧や服装をするのは、女性としてのエチケットです。
「だらしない」という印象は即、「不潔」のイメージと結びつきます。暗に「結婚したくない」と宣言しているようなものです。
結婚相手として、結婚したくない!と思われないためだけでなく、女性としてノーサンキュと見られるのはさびしいです。

④人や物事に関心を示す

結婚したくない!と思われないためには、人や物事に関心を示すことです。
結婚したくない!と思われないためだけでなく、男性を含め人や世の中の物事に関心を持たなくなったら大変です。
「私、結婚したくない」と言っているようなものだからです。
大げさに言えば、結婚したくない!と思われないためだけでなく、世捨て人のようになって社会から取り残されてしまいます。
アイドルや歌手に興味を持つのもいいですが、旅行をしたり、話題の映画を見る、たまにはベストセラーの本を読むといったことで見聞を広めることです。
結婚したくない!と思われないためだけでなく、それが人を生き生きとさせ、好印象をかもし出すのです。
そうしたことは少し遠回りのような感じがしますが、視野を広め、成長させてくれる優れたアイテムです。

⑤言葉づかいに気をつける

結婚したくない!と思われないためには、言葉づかいに気をつけることです。
言葉づかいには、その人の資質が表れます。「地」が出てしまうのです。
お高くとりつくろう必要はありませんが、自分が周囲から「結婚したくない」と思われたくなかったら、最低限のボキャブラリーや敬語、熟語は抑えておきたいものです。
それができないと、結婚したくない!と思われないためだけでなく、人との会話もままならなくなってしまいます。
「あの人は、話していてもつまらない」なんて思われたら一大事です。

⑥料理に努力を

結婚したくない!と思われないためには、料理を作る努力をすることです。
料理はうまくできる方がいいに決まっています。でも、たとえ今は上手でなくても料理に関心を持って、うまくなろうと努力する姿勢は持ち続けたいものです。
さもないと「結婚したくない」と思われてしまいます。
料理は自分のために作るにせよ、人のために作るにせよ、決して避けて通れない道です。結婚したくない!と思われないためだけではありません。
本やテレビ、ネットなど情報源はいっぱいあります。
結婚したくない!と思われないためには、得意な料理は? と聞かれたら、最低3つくらいは即答したいものです。


いかがだったでしょうか?

何気ないしぐさや言葉づかいが、自分の意に反して周囲に「結婚したくない」人のイメージを植え付けていることに気づいたのではないでしょうか。
挨拶や服装・化粧、言葉づかいは結婚とは関係なく、毎日の生活でも注意すべきマナーですし、笑顔や人・物事への関心、料理の努力はちょっとした心掛けでできることです。

↓THE RICHは今何位??

▼コメントしてみる▼