孤独で寂しいときに読みたい笑顔になれる5つのポエム | THE RICH

孤独で寂しいときに読みたい笑顔になれる5つのポエム

孤独で寂しいときに読みたい笑顔になれる5つのポエム

人は誰しも孤独を感じ、笑顔を忘れてしまいます。その寂しさは永遠に続くように思えるほど孤独感を感じてしまいます。そんなときは、ポエムの力を借りて笑顔を取り戻しましょう。きっと読み終わる頃にはあなたの心は穏やかになっていますよ。では、そんなポエムとは一体どんなものでしょうか?



孤独を笑顔に変える心に優しいポエム

孤独を感じると、どんどんマイナス思考に陥り、自分の中でこもってしまいますね。そういうときに読むべき心に優しいポエムがいくつもあります。あなたに笑顔を与えてくれるポエムはきっと明日からをもっと明るくしてくれます。そんなポエムをご紹介します。

①無理をしないでと自分に伝えるポエム

笑顔を取り戻すのに必要なのは無理をしないということ。そんなことを教えてくれるポエムです。「出来ることから始めなさい。いつも必ずこれ以上できないという限界があります。あまり多くをやろうとすると何事もなし得ないでしょう。」ウスペンスキー&グルジェフ著。このポエムは頑張りすぎて無理をしてしまったあなたにぴったりです。このポエムはあなたにこんなことを教えてくれます。出来ることをやればいいよ。人は誰しも限界があるのだから。そう、あまり多くを気にしてやり過ぎても何も得ることができないのです。まずはリセットしてみましょう。

②人生を進む強さをくれるポエム

今あなたは落ち込んでて深い暗闇に閉じ込められています。でも大丈夫です。「いつだってこれから。誰にも朝はかならずやってくる」そう言ってくれるポエムを書いたのは101歳まで詩人として生きた柴田トヨのポエムの一部です。この方のポエムは笑顔をたくさんくれて、固く拗れた心を溶かしてくれます。読み終わる頃にはあなたは素敵な笑顔を浮かべて明日に向かっていけるでしょう。

③自分を否定しないでいられるポエム

笑顔を失ったあなたは今自分の過ちを悔いたり行動に対して後悔をし自分を責めていませんか?そんなときに必要なポエムがあります。「これをやりに俺は生きてきた。と思えることだけを考えてればよい。」このポエムはアーネスト・ヘミングウェイが書いたものです。自分がこれだと思えることならどんな失敗だってしていい。後悔することはないということと、それ以外のことは考えなくてもいいということを教えてくれています。人は誰かのために自分を犠牲にしてしまうことがたくさんありますが、少しでも自分を大切にし、笑顔を取り戻していただきたいです。

④誰かとケンカしたとき読むポエム

皆さんはときに人と衝突してしまうこともあるでしょう。そんなとき後から後悔したり、あんな言い方してしまったと自分を責めたりしますね。そして相手に対しての不信感を抱いたりします。こういうときに読んでいただきたいのが「クマのプーさん」で有名な作家A・Aミルンのポエムです。「君が100年生きるなら、僕はその100年の1日前まで生きたい。」これは言うまでもありませんね。愛を感じるとてもいいポエムです。この一行を読むだけで笑顔が溢れてくるポエムです。愛とはそのときの感情だけで表現できるものではありません。けんかしたのは相手を想ってこそですよ。

⑤自分を称えてくれるポエム

あなたは今自分のことが嫌いになってはいませんか?そう思ってしまう感情は否定しません。そのときの感情は大事にすべきです。しかし、いつまでも笑顔を忘れていてはいけません。そんなときに必要なのがこのポエムです。「自分が自分になりきるということはいま、ここの、自分のいのちを完全燃焼して生きることです。」相田みつを著。笑顔を置き忘れているあなた。今のあなたはきっと完全燃焼したからこそいる自分です。だからそれだけ疲れているのです。このポエムは自分というものを理解すること、そして頑張った自分を称えてくれるポエムです。あなたは十分頑張りました。


いかがだったでしょうか?

人はときに笑顔を忘れてしまうことがたくさんあります。ですが、ずっとそのままではいけません。人生はあなたしか色づけできないものです。ご紹介したポエムはそんなあなたを元気にし、笑顔に変えてくれるポエムばかりです。これらのポエムを読んで泣き顔を笑顔に変えていきましょう。

↓THE RICHは今何位??

▼コメントしてみる▼