ひらめき力をつける5つの頭が良くなる方法 | THE RICH

ひらめき力をつける5つの頭が良くなる方法

ひらめき力をつける5つの頭が良くなる方法

たいした苦労をせず簡単に頭が良くなる方法が知りたい!と思っている人はたくさんいるにもかかわらず、そんな方法はあるはずがないとあきらめている人がほとんどでしょう。毎日の小さな行動の積み重ねが、頭が良くなる方法として存在するなら、ちょっと試してみたいと思いませんか?



少し行動を変えるだけで頭が良くなる方法とは

頭が良くなる方法はそんなに難しいことばかりではありません。ただ、自分の習慣にしてしまうことが重要なのです。一度にすべてのことを実践するよりは、1つでも長く続けることが大切です。

①好きなことを優先する

苦痛を感じず頭が良くなる方法として、真っ先にあげられるのが「好きなことを優先する」ことです。人は単純に好きなことに没頭するときが、一番脳が活性化するからです。今すぐしなければならない仕事に直結しないことであっても、回り道と思わずやってみましょう。その後、思わぬひらめきがあるかもしれません。

②脳の限界を知っておく

頭が良くなる方法を知る以前に、1日のうち脳を活性化できる時間が24-睡眠時間ではないことを知っておきましょう。食後や疲れの出る夕方、睡魔が襲ってくる時間帯に頭を使う作業をして、自分は頭が悪いとぼやくのは効率的ではありません。自分の脳がベストの状態である時間帯を知ることは頭が良くなる方法の一番基礎的なことだといえるでしょう。

③頭以外の体を動かす

頭が良くなる方法は脳を使うことだけではありません。特にひらめき力を身に着けたい場合、同じ位置・姿勢でひたすら考えていては浮かぶものも浮かんできません。体を動かすことはとても大事です。特にオススメなのはトイレ掃除です。汚くて人が嫌がる作業を一心不乱にしてみてください。自分で掃除をするとキレイになったことを自覚できるので、汚いと思うどころか愛着や充実感を感じることができます。マイナスがプラスに転じたときの快感をたくさん経験することも、頭が良くなる方法の1つです。

④生活をルーティーン化する

生活をルーティーン化することは、頭が良くなる方法として、とても大切なことです。ここでいう生活とは起床、就寝、歯磨き、出勤、新聞を読む、食事を摂る、など「毎日必ずすること」を差します。時間帯や長さを毎日同じにすることで、これらの作業を体が覚え、脳をあまり使わなくても行えるようになるので、本来使いたいところに集中して脳を働かせることができるようになります。

⑤頭を良くする栄養素レシチン

脳へ働きかける栄養素として有名なレシチンは、頭が良くなる方法として、ぜひとも意識的に摂取したいものです。レシチンが多く含まれる食材は納豆や豆腐などの大豆食品、ゴマ油、コーン油などの植物性油、小魚など、普段の食事にとり入れやすいものばかり。これを意識的に摂取しない手はないでしょう。


いかがだったでしょうか?

頭が良くなる方法は、追求すると脳を活性化させるための行動をとることだともいえます。つまり、誰もが実践して結果を出せることなのです。毎日の生活習慣を少し変えて頭を効率よく動かすことで、あなた自身の可能性を拡げていきませんか。

 

↓THE RICHは今何位??

▼コメントしてみる▼