失敗しない結婚6つの秘訣 | THE RICH

失敗しない結婚6つの秘訣

失敗しない結婚6つの秘訣

結婚はかつては夢のような幸せなものでした。しかし、現代は結婚に対してナーバスになってしまっている傾向にあります。結婚はしたいけど、失敗はできればしたくないものですね。ではどうしたら結婚生活で失敗せずに済むのでしょうか?



幸せな結婚をするためのとっておきの秘訣

結婚にはお互いに知るべき、心得ておくべきことがたくさんあります。そこで、いかに結婚というものを失敗せずにできるのかその秘訣をここで伝授します。これを知れば結婚に対して前向きに考えれるようになりますよ。

①しっかりとした社会人であること

失敗しない結婚相手を探すのにルックスもある程度は必要ですが、そこを求めすぎると人生のドツボにハマってしまいます。そうならないためにまずは、自分がしっかりした社会人になりましょう。自分がしっかりと常識のある社会人であれば類は友を呼ぶという言葉があるように、あなたは社会人として立派な人と巡り会えます。相手は自分を映す鏡です。今お付き合いしている人がだらしのない方ならまずは、自分をしっかりとした社会人になるよう努力してみましょう。それが結婚で失敗しない近道です。

②自分の欠点、相手の欠点の許容範囲

付き合いを続けていくと、どうしてもお互いの欠点が目についてきます。それは付き合えば必ず乗り越えなければならない壁です。しかしこれは我慢することではありません。ここが結婚で失敗しないポイントです。我慢できるかではなく、そんなところもこの人の一部だと思えることが大事です。その時は腹に立ってもこれもお互いの個性だと思える相手こそ結婚相手に相応しい相手でしょう。お互いの許容範囲内に収まるのが結婚で失敗しない秘訣です。

③相手の両親を見て結婚を考える

結婚した後でとても後悔の多いことは、相手の両親が自分の常識の範囲ではないことです。ここはとても重要なことです。変な話、親を見れば今の相手がどんな本質かが分かってしまうのです。結婚前の挨拶の時に初めて会うのではなく、何度か食事をしたりして会う回数を重ねて相手の両親を見極めましょう。これが結婚の失敗を防ぐ大きな方法です。

④さりげない気配りができるかを見る

さりげない気配りとは居酒屋でお皿を取り分けるとか、食事を取り分けるということではありません。これはただの計算に過ぎません。さりげない気配りとは自然と自分に染み付いて、とっさにできることを言います。そういう気配りをしてもらえたときあなたの心はきっと心温まるでしょう。これも結婚で失敗しないためのコツですね。相手のさりげない気配りがあなた自身を優しい人間へと変えてくれます。そんな相手なら結婚で失敗しません。

⑤自分をさらけ出せる相手かを見極める

結婚してから失敗したと嘆かれるので多いのが、自分をさらけ出せずどこか無理して偽っているということです。結婚できたのはいいけれど、いつも気を張っていたり、相手の望む妻や夫でいるようにと努めてしまい結局最後は破綻する羽目になるのです。結婚できたことがゴールではありません。結婚して初めてスタートに立つのです。何十年も一緒にいる相手です。自分をさらけ出せない相手とはどう考えても結婚生活を共にできません。結婚を失敗しない幸せなものにしたいのなら、自分を偽らずさらけ出せる素敵な相手を見つけるよう努力してみましょう。

⑥仕事に真面目に取り組める相手である

結婚で失敗しないことの中で相手の中身などがとても重要ですが、最後に大事なのはしっかりと働いてくれること、あなたを養ってくれることです。どうしても共働きでないとやっていけないこともあるかもしれませんが、しっかりと会社に勤めることができる人なら結婚での失敗はないでしょう。内面が良くてもここの部分がしっかりしていなければ生活が成り立っていきません。夫婦はお互いが助け合って寄り添って生きていかなければなりません。家計の助けをすることは妻の役目でありますが、養うことを前提に考えてくれる相手を選ぶべきです。それが結婚で失敗しない秘訣で最も重要なところです。


いかがだったでしょうか?

結婚を失敗しないで幸せに暮らすには、自分自身の心の持ち方や優しさそして常識を身につけることがとても重要です。幸せな結婚生活にはお互いを見つめ見極め、そして共に歩いていく覚悟ができることが失敗しない結婚生活に繋がるでしょう。

↓THE RICHは今何位??

▼コメントしてみる▼