結婚に失敗する5つのパターン | THE RICH

結婚に失敗する5つのパターン

結婚に失敗する5つのパターン

結婚したら誰でも幸せな結婚生活をしたいと願います。せっかく結婚するなら、幸せいっぱいの結婚をしたいですよね。しかし、結婚しても幸せになれるとは限りません。結婚しても失敗してしまうパターンが存在します。失敗する前に知っておきたいですね。それは一体どんなパターンなのでしょうか?



これが結婚に失敗する原因だ!

誰でも幸せな結婚を望みますが、結婚に失敗してしまうパターンが存在します。失敗する前に、これを読んで未然に防ぎましょう。失敗する前にこれを読んでよく考えてから結婚に踏み切りましょう。

①結婚はゴールではない

結婚に失敗するパターンの一つ目として、結婚をゴールだと考えてしまうことがあります。
よく言われることですが、結婚はゴールではありません。始まりなのです。
二人で生活していくのですから、色々と大変なことが多く待ち受けています。
結婚には忍耐が必要なのです。これがわかっていないと、失敗します。
こんなはずではなかったと思ってしまうのです。
結婚は甘いものではありません。むしろ、修行だと思った方がいいでしょう。
そういう認識でいかないと、必ず失敗します。結婚を甘くみないこと。
失敗しないために、結婚には忍耐が必要だと捉え、結婚は修行と考えましょう。

②金銭感覚が違いすぎる

結婚に失敗するパターンの二つ目として、お互いの金銭感覚が違いすぎるというのがあります。
金銭感覚が違いすぎると、「え?!こんなことにこんなにお金を使うの?」ということや、「ここになぜお金を使わないのか」ということが起こり、相手を理解できないことが起こります。
これが失敗の原因です。
特に、子供ができたりすると、子供に使うお金のことで問題が起きます。
教育費はお金をかけようと思えばいくらでもかけられます。
お互いの金銭感覚が違うと、そこでもめてしまうのです。
失敗しないためには、あまりにも金銭感覚が違う相手とは結婚を慎重に考えることです。

③お互い忙しくすれ違い

結婚に失敗するパターンの三つ目として、お互いが忙しく、すれ違ってしまうというのがあります。
お互いに仕事をしていて、忙しい場合、結婚して一緒に暮らしているにも関わらず、あまり顔を合わせなくなってしまうのです。これがすれ違いになり、失敗する原因です。
結婚してもあまり会わなくなってしまうと、結婚した意味がなくなってしまいますね。
きちんと会う時間を作っていれば問題はありませんが、それもない場合、やはり心が離れていってしまいます。
失敗しないためには、お互いが忙しい場合は結婚という選択肢を取らないか、きちんと会う時間を作ることが大切です。

④相手に許せない所がある

結婚に失敗するパターンの四つ目として、相手にどうしても許せない所があるというのがあります。
パートナーにどうしても許せない癖や性格の一部があると、一緒に生活していく上で支障をきたします。
どうしても許せないのですから、パートナーが直してくれるしか方法がありません。
そこで直してくれれば問題はありませんが、それが無理な場合、一緒に暮らすことは難しいでしょう。結婚してから相手のそういう所に気付くこともあります。そうならないためには、結婚する前に同居するのもいいかもしれません。
そこで気付いた場合、結婚を考え直した方がいいでしょう。

⑤身体の相性が良くない

結婚に失敗するパターンの5つ目に、身体の相性が良くないというのがあります。
結婚生活には、当然、そういう営みがあります。それは結婚生活なので当然でしょう。
しかし、身体の相性が悪いと、お互い満足できなかったり、営みをやめてしまったりして、失敗する原因になってしまうのです。
身体の相性が悪いことで、それが浮気の原因になってしまったり、そのささいな不満が溜まって爆発してしまったりします。
そうならないためにも、この人とは身体の相性がよくないなと思う相手とは結婚を考え直すことが必要です。


いかがだったでしょうか?

結婚に失敗するパターン5つを紹介しましたが、どれも結婚前に考え直せることばかりです。
幸せになるために結婚しても、失敗してしまってはもったいないですよね。
失敗するパターンを見たことで、どうすれば失敗しないかもわかったはずです。
これで失敗しない結婚をしてくださいね。

↓THE RICHは今何位??

▼コメントしてみる▼