仕事辞めたい気持ちを言えない苦しさを癒す5つの本 | THE RICH

仕事辞めたい気持ちを言えない苦しさを癒す5つの本

仕事辞めたい気持ちを言えない苦しさを癒す5つの本

仕事辞めたいけど誰にも言えない、そんな苦しみを抱えながら生活している人は年々増えているそうです。ブラック企業という言葉を耳にする機会が増え、忙しい日々をこなしていく中で本当に今の仕事でいいのだろうか、仕事辞めたい、誰にも言えない、そんな気持ちを抱きながら働き続けている人も多いのではないでしょうか?



仕事辞めたい・誰にも言えない時に読みたい5冊の本

どんなに成功している人でも必ず今の仕事辞めたいと思う瞬間や、誰にも言えない苦しさを味わった経験があります。その経験を疑似体験し、今の現状を客観視することができる本を5冊ご紹介していきます。

①うつ病で半年間寝たきりだった僕が、PC一台で世界を自由に飛び回るようになった話

現在アフィリエイトサイトの制作や、「パワートラベラー」として各地の自由業の方を対象に、講演会などで活躍している阪口祐樹さんの実話ストーリーです。仕事辞めたいと考えている方は仕事を辞める際のリスクや覚悟について考えさせられますし、それでも辞めたいという方には言えない気持ちを後押ししてくれる一冊となるでしょう。

②熔ける~大王製紙前会長井川意高の懺悔録~

大手製紙メーカーの御曹司として会長に就任後、カジノに身を滅ぼしてしまった井川元会長の実話、懺悔本です。仕事に対する強い意志や覚悟が学べる反面、仕事の成功とはなんなのかということを改めて考えさせられる一冊です。仕事辞めたい、でも言えない人にはなぜ仕事を辞めたいのか、なぜ言えないかを考えるチャンスにもなるでしょう。

③たった二分で夢を叶える方法

元大手経営コンサルタントの千田琢哉さんが書く夢とはなにかを考えさせられる本。本当はやりたいことがあって仕事辞めたいという方は、一度この本を読み、千田さんのシンプルな考え方に身を委ねてみてはいかがでしょうか。誰もが言えない言葉をずばっとはっきり意見を述べる千田さんに、仕事辞めたい、でも言えない、辞めたい気持ちに勇気を与えてくれること間違いなしです。

④白い本

その名の通り、前ページ白紙の真っ白な本です。
誰にも言えない気持ちを一度真っ白な本に書き出して、あなただけの人生bookを作ってみてはいかがでしょうか。書くということは五感を使います。忙しいという字は心を亡くすと書きますが、書くことで仕事辞めたいという気持ちやなぜ言えないのか、言えないつらさを文字に起こしてみると意外とすっきりするかもしれません。

⑤もうこの会社辞めたいと思った時に読む本

そのまんまですが、転職についても書かれていますので、仕事辞めたいけど言えない気持ちを実行に移すことも視野に入れて考えさせてくれる本です。
仕事を辞めたいけど言えない、言えないというだけで嫌々働き続けるよりも、いつでも仕事を辞められると思いながら働いた方がどんな結果を出すにせよ、自分の人生を生きることができるのではないでしょうか。


いかがだったでしょうか?

仕事を辞めたい人ほど今の現状に引きこもっている傾向にあります。ブラック企業ほど時間を与えないことで考える時間を作らせない、言えない状況を作ることが退社を引き留める手段でもあるようです。本を読むことで、違った生き方や他の会社について知り、仕事辞めたい、言えないつらさから脱出してください。

↓THE RICHは今何位??

▼コメントしてみる▼