達成感を味わえる7つの取り組み方 | THE RICH

達成感を味わえる7つの取り組み方

達成感を味わえる7つの取り組み方

達成感を味わえる7つの取り組み方とは、ノウハウを知っているのに何故か先へ進めない。達成感を味わい成功へ近づくためには、心のコンディションを保つ方法が必要です。達成感を味わえる7つの取り組み方とは「一般的なノウハウに、あと一つだけ+した考え方です」その方法を知ってみたいとは思いませんか?



達成感を味わう前にやりたい7つの取り組み方

達成感を味わう為の一般的なノウハウを解っているのにそこで立ち止まってしまう。そこにはあなた自身がまだ乗り越えなければいけない何かががあるはずです。そんな自分自身の問題点に焦点を当てて、達成感を味わえる7つの取り組み方を見てみるといいでしょう。

①誰にでも好意で接する

物事に取り組んで達成感を味わうために、敵を作ることほど非生産的なことはありません。関わり合う全ての人に好意的に接してください。自分と違う意見の人にいちいち気を取られていては本来やるべき仕事が手に付きません。そういう人がいるのは当たり前のことと割り切っていくことです。あなたが好意で接しているにも関わらず、あなたに対して嫌な態度をとってくるようなら、あなたがその人に対してビクビクしたりゴマをすったりしているのかもしれません。解決策を考えることが達成感を得るためにも重要です。

②自分に自信をつける

自信を持って物事に取り組むことは達成感を味わう近道です。しかしそれまでに受けた数知れぬ敗北感で、すっかり自信喪失になっている人もいるのではないでしょうか。ただこれから仕事を続けていく上であなたはそのままでいいですか?もし今の状況を変えたいと望むのであるなら、毎日少しずつでもいいので解決につながりそうな事を探すべきです。「出来る」という言葉を毎日自分自身に言い続ける事でもいいでしょう。自分を信じることを続けられた人には必ず想像以上の達成感が与えられてくるでしょう。

③行動の大切さを知る

この地球上では「行動をする」ということをしないと何事も成し遂げられません。もしかしたら広い宇宙では意識のみで会話ができる惑星があるのかもしれませんが、この地球上では行動をしなければ達成感を味わうことは出来ません。やるかやらないか迷っている位なら行動した方が後悔が残りません。達成感を味わいたいなら、小さな事でもいいので今行動を起こすべきです。目の前にある小さい達成感を行動という形で毎日積み重ねて行くことです。

④直感を鍛えてみる

達成感を味わうためには、自分の内面の直感に従うことも大切です。親や周りの人たちがあなたの心の中を分かるはずがないのです。周りのみんながこちらがいいよと言っても、あなたの中の気持が他へ向いているならそちらへ行くべきです。そこにあなたの得意なもの、楽しく学べる分野、後悔しない事があるのではないですか?自分の心の中に聞いてみるべきです。直感を鍛えることで譲れない大切な何かが見つかり、おおきな達成感も味わえるでしょう。

⑤やる気を持続させる

やる気が起きずなかなか達成感を味わうどころではないという人も多いでしょう。あなたはどういう時にやる気が起きますか?ビジネス書を読むとやる気が起こるという人はずっと読み続けるべきです。定期的に本屋さんへと足を運ぶといいでしょう。ワークショップなどは人との出会いがあります。そこで何らかの力がもらえるなら積極的に行くべきです。金銭面などの問題もあるとは思いますが、達成感を味わい成功するための自分への投資になることは間違いありません。

⑥仕事の過程を楽しむ

楽しんで物事を進めるということは達成感を味わう過程で最も重要視していい事です。辛いとか、面白くないなどの感情をたれ流ししてはいけません。無理やりにでも楽しいと思うよう努めるべきです。そうしたことを続けたうえで、もっと楽しんでやれる仕事が見つかったのならそちらへ行くといいのです。達成感を味わえる回数が増えてくるはずです。

⑦他人と比べないこと

達成感を味わいたいのなら、迷いや焦りなどが出るような習慣は断つべきです。他人と比較する事もその一つです。あくまであなた自身が昨日より良くなっているかどうかが基準です。他人に流されず自分のやるべき事に集中できるので仕事の流れも良く見えるはずです。達成感を味わうためにもこの事は絶対に忘れないでください。


いかがだったでしょうか?

達成感を味わえる7つの取り組み方とは、あなたの内面を知り、やる気を保ったまま行動を起こす事で達成感を味わえるようになる事です。それは勇気がいるし、それまでの自分の殻を壊す事になるかもしれません。しかしあなたが今より価値がある明日を望むのなら、達成感を味わえる7つの取り組み方を実行してみてください。

↓THE RICHは今何位??

▼コメントしてみる▼