恋人との倦怠期の6つの乗り越え方 | THE RICH

恋人との倦怠期の6つの乗り越え方

恋人との倦怠期の6つの乗り越え方

長く付き合っているとドキドキ感がなくなり倦怠期が訪れます。倦怠期で別れるカップルもいれば、それぞれの乗り越え方で、前より一層絆が深くなるカップルもいます。では、一体どんな倦怠期の乗り越え方をしているのでしょうか?



恋人と倦怠期が訪れたときの6つの乗り越え方

長く付き合っているカップルは、なにかしらの乗り越え方倦怠期を乗り越えています。ではどういった乗り越え方をしているのでしょうか。それでは、恋人との倦怠期の乗り越え方について説明していきます。

①2人で何か始める

2人で一緒にできる乗り越え方です。2人だけの趣味を作ってみましょう。スポーツ、ハイキング、釣り、山登り等、2人で新しいことを始めることで、お互い良い刺激になったり、恋人のまた違った面を発見できたりして、今までのマンネリした雰囲気が変わるでしょう。

②2人で旅行する

どこか2人で旅行してみるのもいいでしょう。初めてデートした場所でしたら、付き合い当初の気持ちが蘇ってくるかもしれません。今まで行ったこともないような場所でしたら、2人で違ったドキドキ感を味わえることでしょう。とにかく2人にとって刺激的になる旅行に行きましょう。

③いつもしない様なことをする

いつもしないようなこと、変わったことを2人でしてみましょう。夜のデートが多いなら、朝一番に出かけてみる。家でDVD鑑賞が多いのなら、夜にバーへ一緒に行ってみる等、いつもと少し違ったデートをすると新鮮です。サプライズもオススメです。

④イベントを作る

1ヶ月に1度、2ヶ月に1度でも2人のイベントを作りましょう。小さなこと、ささいなことでも、何かイベントを作り、一緒にお祝いしてみましょう。しかし、相手が面倒そうにしているのなら無理にしないことです。

⑤倦怠期を受け止める

そういう時期もあるんだと、倦怠期を受け止めるようにしましょう。倦怠期を安定期と考えるのもいいでしょう。ドキドキしなくなった、つまらないと考えて焦って何かするよりも、恋人との関係が落ち着いたんだと良いように考えましょう。上の3つは、2人一緒に乗り越えていこうとしているのに対して、これは、自分自身の考えを変えていく乗り越え方です。

⑥暫く会わないようにする

会わない期間を作ってみましょう。初めは不安になるかもしれませんが、自分ひとりの時間を作ることで、今まで2人で過ごしてきた日々を見つめなおすきっかけにもなります。会わない時間を長く取ると、寂しくなったり、ふとした瞬間に会いたくなったりと、気持ちに変化が起こるでしょう。そして、久しぶりに会う時にとても新鮮味を味わうことができます。


いかがだったでしょうか?

倦怠期には、刺激と新鮮味が必要です。2人で何かをしようとする時は、相手と良く相談し一緒に楽しめるようにし、相手にその気がなければ無理強いしないことです。2人で何かできない状態であれば、④⑤の乗り越え方をオススメします。これらの倦怠期の乗り越え方で、長く続く素敵なカップルになりましょう。

↓THE RICHは今何位??

▼コメントしてみる▼