画像を使って失恋を乗り越える6つの方法 | THE RICH

画像を使って失恋を乗り越える6つの方法

画像を使って失恋を乗り越える6つの方法

失恋すると、あらゆることに関心がなくなり無気力になりがちですよね。外に出かけるのは面倒くさいし何もしたくない。そんなときは無理せず家に引きこもり、いろんな画像を目にして気分転換をしてみましょう。画像がもたらす視覚的な心理効果を使って、失恋で凝り固まった心を少しずつときほぐしてみませんか?



画像を見るだけで
落ち込んだ失恋心を無理なくリハビリ

失恋して大きなショックを受けているときは、なかなか周りに目を向ける余裕がありませんよね。それでもあえていろんな画像を見てみてください。意外と心を動かされることが多いものですよ。

①画像で涙をしぼり取る

失恋で落ち込んだときには、飽きるまで泣いて自分の気持ちを吐き出すことが大切ですが、あまりにも哀しいことがあると心が固まってしまい、簡単に涙を流せなくなります。そんなときは、涙を誘う画像にきっかけを作ってもらいましょう。自分が今までに感動した映画・ドラマの1シーンや、スポーツ選手が勝利を勝ち取ったときの映像などがオススメです。涙の種類は違っても、涙腺は一度ゆるめばあなたの感情を底の底から引きずり出してくれるでしょう。

②爆笑画像でとにかく笑う!

失恋で落ち込んだときは無理をしてでも笑うに限ります。といっても、周囲を心配させまいとする痛々しい作り笑いではありません。あくまで自分自身の笑いのツボを刺激して、クスッというレベルでも面白おかしさを掘り起こすことが大切です。ラジオや映像もいいですが、視覚的に一瞬で心をつかむ画像は刺激が伝わりやすく、労力や集中力も必要ありません。特に身内ネタは、ツボにはまる可能性が高くなります。動物画像も笑えるものが多いですね。失恋中のあなたを気遣う人から「何かできることない?」などと聞かれたら、即座に笑える画像を催促しましょう。

③風景画像でリフレッシュ

失恋したときは一人旅というイメージがつきものですが、満足度の高い旅行に行くには時間やお金がかかります。計画的に失恋した人ならともかく、急に行動に移せない人もいるでしょう。そんなときは画像に想いを馳せてみませんか。自分では気軽に見られない壮大な景色を眺められるのも画像のメリット。現実逃避でしっかりリフレッシュしましょう。

④失恋心はオレンジで包む

オレンジは暖かさを感じる色で、ショックを受け止める役割があります。特に孤独感を感じるときは、優しく包まれるイメージを与えてくれます。失恋中で1人がつらいときにはオレンジを基調としたイラストや柄、花を集めて何気なく目を通してみてください。

⑤つらいことを克服した人の画像

失恋中は周りの人にいくら慰められても、心のどこかで「他人に自分の気持ちがわかるはずがない」と思ってしまいませんか。そんなときは「この人の経験に比べれば自分なんてまだまだ」と思える人の画像を探しましょう。その人が笑っている画像があれば、なおいいでしょう。

⑥笑っている自分の画像

失恋でダメージを受けると、自分のすべてを否定したくなりがちです。必ずしも過去を振り返る必要はありませんが、あらためて笑顔の自分が写っている画像を見ると、「こんな顔で笑っているときもあったのだ」と我に返ることも多いはずです。今回の恋愛に感謝できるぐらいの心境になれたらいいですね。


いかがだったでしょうか?

気に入った画像が見つかったら、ディスプレイのデスクトップ画像にしたり、印刷して目に付くところに貼ったり、いろいろなかたちで目にするといいでしょう。失恋という貴重な経験を乗り越えるために見つけた画像が、プラスイメージとなって今後のあなたにつながることを願います。

↓THE RICHは今何位??

▼コメントしてみる▼