失恋でうつにならないための5つのポイント | THE RICH

失恋でうつにならないための5つのポイント

失恋でうつにならないための5つのポイント

失恋はどんな状況であれ、つらいものです。仕事に身が入らず、何も楽しいと思えない。1人になると涙が止まらないなど、うつの要素に事欠きません。ところが同じ失恋でも、うつになる人とならない人がいます。もちろん思い入れや状況の度合いもありますが、根本的にいったい何が違うのでしょうか?



失恋でうつになる人ならない人の違いとは?

本来、人は忘却の生き物なので哀しいことはもちろん、楽しいことすら100%同じ感情を長く記憶することはありません。失恋は大きな心の痛手ですが、今後のプラスになるかマイナスになるかはあなた次第です。失恋をうつにつなげず傷を最小限にする方法とは?

①ピーク時の感情を抑えない

失恋でうつにならないためには、渦巻いている感情はけっしてひた隠しにしてはいけません。とことん泣いて落ち込んで、ダメな自分を出し切りましょう。このときに感情を抑えると後々まで失恋を長く引きずり、うつの誘因となります。失恋に関係のないちょっとしたことでも、落ち込み始めたらイエローカードが出ていると思ってください。

②失恋仲間を探し同調する

失恋にまつわる曲の歌詞や映画で自分とよく似た状況、もしくは自分より可哀想な主人公を探して同調すると、自分の気持ちを吐き出したときと同じ心境になれるのでオススメです。誰かに話を聞いてもらえる状況にない人には特に効果的です。

③ヒマにならない

ヒマは失恋うつの大好物です。人間ヒマになるとロクなことを考えないといいますが、まさにその通りです。失恋時に没頭するできるものがあることは、うつに対する大きな対抗馬となるでしょう。単調すぎる作業は脳にいろいろ考える余裕を与えてしまうので、適度に必死になれることがオススメです。

④体には心地よい疲労感を

失恋で落ち込んでいるときほど、体は長い間甘やかさないようにしましょう。心と体はエネルギーを共有しています。失恋中に体を動かさずにいると、心が思い悩むことにエネルギーを使い始めるため、うつの道へ直行しやすくなります。軽い散歩からでもかまいません。体を適度に疲れさせて、心に考える余裕を与えないようにしましょう。

⑤おもしろくなくても大笑い

最初は嘲笑的でも、何かをバカにしたような笑いでも構いません。大きな声を出して笑うと横隔膜を大きく動いて呼吸が深くなり、全身に酸素が行きわたり気分がよくなります。また、自分の笑い声を聞くことによって気持ちが晴れる効果もあります。人はストレスを抱えているときや、不安・哀しみなどのマイナス感情が働くときは呼吸が浅くなりがちです。どうしても笑えないという人は深呼吸から始めてみましょう。


いかがだったでしょうか?

いかがだったでしょうか。失恋でうつにならないためには、失恋した気持ちを無理にコントロールするのではなく、案外、外部からの刺激によって気持ちを楽にする方が早道だったりします。失恋中はどうしても無気力になりがちですが、小さなことから自分の状況を変え、うつにならない自分を作ってください。

↓THE RICHは今何位??

▼コメントしてみる▼