デキル人が実践する怒った上司へのメール対応5つのポイント | THE RICH

デキル人が実践する怒った上司へのメール対応5つのポイント

デキル人が実践する怒った上司へのメール対応5つのポイント

仕事をやっていく上で上司を怒らせる事は出来るなら避けたいものです。しかし怒らせてしまった場合は素早い対応で切り抜けていかなければなりません。デキル人が実践する怒った上司へのメール対応5つのポイントで、メールでより早く上司にコミュニケーションを取り、良い関係を取り戻す方法を知りたいと思いませんか?



怒った上司へメール対応、デキル人の実践ポイント5つ

怒った上司への対応としてメールを早めに送ることで、上司に対して感じている沈み込んだ気持ちを素早く解消したり、早めに問題を解決させることが可能になります。デキル人が行っているメールの使い方とはどんなものなのでしょう。

①デキル人は対応が早い

デキル人は何事に対しても素早い対応をします。グズグズといつまでもその場所に立ち止ることはなく、抱えている問題なら早めに解消をしようと行動するからです。もしもデキル人が上司を怒らせたら出来るだけ早く対応することにより、上司にも自分にも嫌な気持ちを持続させないようにすることでしょう。メールの速さとデキル人の仕事の能力は比例するようです。時間を守るという意味でも、上司への迅速なメール対応は納得できます。素早く上司へメール対応することで上司の気持を和らげ、信頼感を与える効果が期待できます。

②簡潔な内容で謝罪する

メールで上司に謝罪する場合は、簡潔な内容で謝罪の気持を伝えましょう。デキル人のメールは内容も簡潔で洗練されています。まずメールの冒頭に失礼にないような簡潔な挨拶文を書きます。次に上司が理解してくれる最小限の理由と謝罪の言葉を書きます。ここでの理由は怒らせるに至った経緯などをくどくどと書くようなことはしないでしょう。メールでの過剰な言葉はむしろ上司の気持を害するだけです。特に言い訳になるような言葉ばかり長々と書くのは止めましょう。

③きちんとした文章を書く

いつも一緒に仕事をしている上司で慣れ親しんでいたとしても、メールでの文章はきちんとしたものでなければ気持ちが伝わりません。デキル人はその時その時で直感的にメールの打ち方や言葉を使い分けます。相手が怒った上司であるなら、馴れ馴れしさは一切感じさせない気持ちがストレートに伝わる文章を送ります。この場合は気持が伝わりやすいからと、絵文字などを使ってはいけません。

④件名は一目で分かるように

出来る人のタイトルは一目ですぐに用件が伝わるように、簡潔に分かりやすく書かれています。忙しい上司は大量のメールを毎日処理しなければならないでしょう。そういう上司に渡すメールは用件が明確に伝わるような書き方をしなければ、ずっと後回しになって読んでもらえない可能性が充分にあります。せっかく早く上司にメールを送ったのに、いつまでも読んでもらえないという事は、送らなかったのと変わらない結果になりかねません。

⑤とりあえず謝る

自分が悪かろうが例えそうじゃないとしても、デキル人が上司に怒られているのなら取りあえず謝っておく、心がこもっているかどうかは別です。怒っている上司がメールを受け取ることによって、とりあえず心を静めてもらい冷静さになってもらう事が目的です。上司が冷静さを取り戻すことが出来たらその後の様々な場面での受け答えがしやすくなります。

いかがだったでしょうか?
メールは今の時代になくてはならないとても便利なものです。メールをうまく活用することで仕事の効率が上がります。デキル人はメールの長所を生かし、素早い対応と適切な文章で様々な局面を乗り越えていきます。 

↓THE RICHは今何位??

▼コメントしてみる▼